脱毛器のメリット・デメリットについて

最近は、自宅で脱毛をするのに家庭用脱毛器を使用するという方も増えてきています。
脱毛器のメリットとしては、自宅に居ながら脱毛したい時すぐにできるという点でしょう。
気になる脱毛効果ですが、脱毛器によってはサロンでおこなう光脱毛と同じレベルを照射できるものもありますので、
正しい使用方法で行えば脱毛サロンでおこなったのと同等の効果が得られます。

 

ただし、脱毛器にもデメリットがあります。まずは費用面でしょう。
脱毛器は本体を購入するのに高いものでは10万円くらいかかります。
それだけでなく使用頻度に応じてカードリッジを交換しなければいけないタイプのものがあるので、
実際は初期投資ばかりではありません。
それでも長い目で見れば決して高いとは言えません。
ですが、技術は常に進化しており、数年後にはもっといい脱毛器が出ている可能性もあります。
そうなると、新しい脱毛器が欲しくなり、元を取る前に使わなくなってしまうこともあります。

 

ただ、本当のデメリットは費用面ではありません。脱毛効果と肌への損傷度です。
『脱毛サロンと同じなのだから、効果も損傷度も変わらないんじゃないの?』と思うかも知れませんが、
それはあくまで正しい知識と技術があるスタッフがおこなうからこそなのです。
自分で脱毛器で脱毛するとなると、肌の状態も確認せず、また確認しても素人なので判断できず、
お構いなしに照射してしまうのです。
それによる肌への損傷、そして、光脱毛で最も大切なアフターケアも怠ると、さらに肌を傷めることになりかねません。
また本来は肌の状態に合わせて照射レベルも変えるのですが、それもできないために肌を傷めてしまうのです。
こういったデメリット、リスクを考えると、脱毛サロンでゆっくりと脱毛してもらった方が肌だけでなく心まで綺麗になることでしょう。